きみの夢をぼくにも見せて

とある若手俳優オタクの雑録

推しと推し以外のはなし

ぶっちゃけ私は毎回「推し変するかも」とか「降りるかも」って思いながら推しの舞台に足を運んでいます。 こんな重たい信仰心見せておいて、推しのことをうっかり好きになったって思ってるし、今もうっかり好きなままだと思ってるから、同じように他の人をコロッと好きになっちゃうんじゃないかなって。

推しプレイリスト2016年ver. - きみの夢をぼくにも見せて


推しの出演舞台にはもちろん推し以外の若手俳優も出演しているので、劇場には様々な俳優のファンの方が集まります。
開演前のロビーや会場で聞こえる、自分の推しへの期待や賞賛の声。
実際に舞台を観ても「あ、この人のファンはこの役者さんのこういうところを好きなんだろうな」って思うことがあります。
ビジュアル、声、表情の付け方や感情の乗せ方、日替わりアドリブの冒険具合…。
若手俳優応援スタンスの記事を読んでも、推しは違えど推すポイントっていうのは結構似ている気がしますし、推し以外の俳優さんを好きになる理由は舞台を観ればよくわかります。
嫌な言い方になりますがレートの高い俳優さんはそれだけ人を魅了しているということになり、良いところが本当に見つけやすいです。
以前の記事を引用したように、推しのことを好きだったことなんか忘れて他の俳優さんのところにコロッと行っちゃうんじゃないかなって開演前はよく考えています。
でも推し以外の俳優さんの良いところを感じ取ったところで、推し変もしくは推し増しするかって言ったらやっぱり話は別になるのです。

なんで私は推しを推すのかなあ、推しが特別なのかなあと思うと、言語化できない部分になるんだと思います。論理的な部分ではなく感覚的な部分。
なんとなく気になって、なんとなくこの人をもっと観たくなって、っていうのが奇跡的に続いているだけなのかなって思います。
私は推しにはりあこじゃないけど推しのお芝居にはりあこに近いところがあります。舞台に立って演じている推しにうっかり一目惚れして、それから恋が続いています。それを私は信仰って呼んでいます。
推しのお芝居が「なんか好き」で追いかけている。
この恋がなるべく長く続きますように。

“俳優”と“若手俳優”のはなし

「若手」という言葉が嫌いです。
「世間的知名度が低い」と暗に言われている気がするからです。

でも私は若手俳優のオタクをしています。
推しは世間的に知名度が低いと思っているからです。
推しのことを一般人に説明する際に語れる作品が片手で足りるほどしかありません。どれも2.5作品で、舞台としての知名度もそれなりにありますが、原作がとにかく有名で「そういうメディアミックスもしてたんだ」と思われることも少なくないです。
私は2.5作品も好きなのですがそれと同じくらい舞台のために作られた作品も好きです。でも一般人との会話ではそんなこと言ってられないので、傍から見ると私はイケメンたちが奇抜な格好をしているのを観るのが好きな人という認識をされているのかもしれません。
現在、一般人にも広く知られている、舞台を中心として活躍している若手俳優ってどれだけいるのでしょうか。

それとはまた別で、私は“俳優”と“若手俳優”は別の職業だと思っています。
この私の観点から言って推しは“俳優”ではなく“若手俳優”です。
よく「若手俳優にアイドルと同じ対応を求めるな」とか「若手俳優がドル売りされるのが嫌い」という意見を見ますが、私は俳優と比べて高水準のファンサービスも含めて若手俳優という仕事だと思っています。(だってそうじゃなきゃ芝居の上手い推しはもっと売れているはず、っていうのが本心です)
もちろん舞台に立ってお芝居をすることがメインの仕事ですが、ステージから降りたあとでも、ファンからプレゼントされた服を着用した自撮りをSNSに上げたり、恋人がいないもしくは女性に疎いという風に振る舞ったりと、「若手俳優」というイメージを守り続けるのも仕事のひとつではないかと思います。
ステージから降りたあとの姿も重要視されている若手俳優も多いのではないでしょうか。
平均的な男性より身長が低く童顔の若手俳優には、いわゆる「ショタキャラ」のようなイメージを求められますし、ガタイがよく男らしい顔つきの若手俳優は「硬派」じゃなきゃいけない。
マンガやアニメなどではキャラデザと性格が一致することが多いと思いますが、実際の人間はそうではありません。しかし若手俳優も本来の性格は異なるかもしれないのに、ビジュアルから期待するイメージを押し付けてしまう部分があるかと思います。

煙草は吸わない、女性の話題は以ての外、未だに男同士でつるむのが楽しい、稽古には一生懸命で、ちょっとお茶目なところもあるけどお芝居に関しては真面目でファン想い……。
私の考える「若手俳優」って潔癖すぎるくらいクリーンです。
稽古後に繁華街や合コンに行ったりしないし、男同士で遊びにと言いながら彼女や繋がりと一緒だったりしない。ファンの容姿や年齢で対応を変えないし、プレゼントは横流しせず大事に使い手紙もしっかり読んで宝物のように扱う。
カノバレやクズバレしたときに「プロ意識が足りない」と言われるように、実際はどうであれある種の偶像を守り抜くのも「若手俳優」の仕事です。

以前も書きましたが、推しは“若手俳優”ではなく“俳優”になりたかった人だと私は思っています。
年齢的に「若手」と言えるのは何歳まででしょうか。若さや瑞々しさというものはあっさりと消えてなくなってしまいます。
“若手俳優”はのしかかる責任は重いのにいとも容易く消費される生き物です。
女性に人気のスイーツで毎年毎年新しいものが紹介されるのを見ると、若い女性の消費スピードについて想像しやすいのではないでしょうか。
見た目がいいだけではただのSNS映えするスイーツです。
私は推しが“俳優”として輝ける日がくることを願っています。

全通とオタクのはなし

redempty.hatenablog.com

参考にさせていただきました。

私も全通は一度だけしたことがあります。
「気付いたらしていた」のではなく、最初から全通するつもりでチケットを取っていました。
「推しの応援」というよりも純粋に可能な限り観たいとチケ発の時点で思っていて、その可能な限りが全通だっただけです(それでも10公演程度ですが)。
でも周りの同厨に「全通する!」などと報告してなかったので、傍から見たら「気付いたら〜」になっていたのかもしれません。
まあ冗談で「気付いたらチケットが手元にあって〜」とかはオタクはよく言う気がします。
でも他の人の全通についても本人がロビーで周りに聞こえるように喋っていたり、推しへのリプライなどに書かない限りわかんなくないですか?
他の人が何回通ってるとか私はそこまで気にならないです。
現場行ったらいつもいるなって人はいるかもしれないけど。


話がズレました。
私は「全通する人は偉い」派で、かつ「趣味は俳優としての推しの応援」派です。
「趣味は観劇」って言えるほど推しの出演作以外の作品を追えないし、例えば推しがシリーズものの作品に1回だけ参加したとして過去作をDVDで見たり次回作を追ったりはしないと思う。
ほかの作品のチケットを買おうと思っても「この作品がもし外れだったら?推しの出演作にも当たり外れがあるけど、最悪推しだけを見てればいいけど」って躊躇するし「他の舞台に行くくらいなら推しの舞台にもう1回入った方がいいんじゃないか」とも思う。
「趣味は観劇」とはどうしても言えないです。

そして「趣味は俳優としての推しの応援」です。正確に言うと「趣味は推しのお芝居を観ること」になるかなと思います。
趣味を続けるために私にできる限りのこと(推しの個人グッズ複数買い、祝い花、プレゼントや手紙など)をして、推しに俳優として舞台に立ち続けてもらえるよう微々たる応援をしています。
推しのためではなく私が趣味を続けるために必要な経費です。上記の全通した公演も、推しのためではなく自分のためです。1回でも逃したら後悔する!と思ったので通いました。
しかし普通のOLにはどうしてもお財布に限りがあります。
自分だけでどうにかできる趣味ではないので、推しが俳優としてやっていくための貢献をしている方には素直に感謝申し上げます。
ということで「全通する人は偉い」です。

q0n.hatenablog.com

ちょっと前にも書きましたが、自分のお金や時間を削って赤の他人にここまでできるって純粋にすごくありませんか?
俳優厨以外の人に遠征の話とかプレゼントの話とかお花の話とかしたら理解されなさすぎて引かれますからね。私でも引かれた。

ただ「全通は偉い」ですが「何をやってもいい」という免罪符にはなりません。
出待ちだったり過剰なファンサの要求だったり、ほかのファンを潰したり…。
「ファンはアーティストの鑑」とは私は思いませんが、そう思う人も世の中にはたくさんいます。
「あっ、この人のファンには近寄りたくないな」って思われたら、推しのファンをひとり減らしたのと大差ありません。

お金を出したんだからそれなりの対応を求めたくなる気持ちもわかります。
でも「それなり」に留めておいてください。
個人的には事務所から直接でも間接的にでも注意を受けたり、他のファンから後ろ指さされたら「それなり」を越えているのかなと思います。
推しのatmにはなりたいけど、私の都合の良いatmにはなりたくないとは思いますので、あまり強くは言えませんが、良識ある行動でお願いします。
(まあ一般人にしたらひとつの舞台を片手で足りないくらい観劇してブロマイド複数買いしてる時点で「良識」とは外れているのかもしれませんが。オタクって難しいね)

あと、通うことを自己肯定の手段にしているのかな、という方は見たことがあります。
その人は体調不良なのかモチベーションの問題なのか1回現場を干したときからポツポツと現場に来なくなり今はどうしているのかわかりません。
なので、推しの出演作全公演を全通するような方に自らのアイデンティティが1回でも崩れるようなことに直面することを考えると、私みたいな「行けるだけ行く」みたいなゆるいスタンスの人よりも脆い趣味になってしまうのかなと思ってしまいました。

「推しなんて世界一近くの赤の他人」と知人が言っていたのを思い出しました。
趣味の域を越えたり、推しにアイデンティティを委ねすぎたりしないようにオタク活動をしたいものです。

オタクと5年後のはなし

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary


たまにはこういうお題的なものをもらって書いてみたくなった。
応援スタンスとか、手紙のはなしとか、そういう楽しそうなのがあったら教えてください。鞄の中身は身バレが怖いのでやりません。


5年後の私へ。
今よりもっといい年になってるね。今でも俳優オタクとしてお金を使ってること、周りの友人たちに言うと引かれるけど、より一層一般人の目は厳しいのでしょうね。
私はまだ推しのオタクをやっていますか?
そもそも推しは5年後も俳優として活躍していますか?
今度推しが複数の俳優とイベントをやるんだけど、チケットが捌けてるのか?と心配になりました。
なんで消費者であるこっちが胃を痛めなきゃいけないんだよーと思いつつ、推しにはずっと俳優を続けてくれることを願うばかりです。
推しのこと、5年後もその先も好きでいられますように。

仕事は上手くいっているといいな。
こちらは自分の努力次第なので、地道に積み重ねていくね。
彼氏はいるのかな?いてもいなくても、5年後の私が幸せならそれでいいです。
今の私はちょっと未来のことを考えて保険に入ることにしましたよ。

今から5年前の私に今の私がやっていることを話したらびっくりされるように、5年後の私は今の私からは想像がつかないことをやっているのかな。趣味や仕事や周りの環境とかその他もろもろ。
あんまりネガティブになりすぎないように、楽しい日々を過ごしてね。



あんまり書くことがなかった(笑)
今の私から尊敬されるような人物になっていてね。

推しと煙草のはなし

私の推しは恐らく喫煙者です。
恐らく、というのは、本人が喫煙している写真上げたことがないからで、なぜ私が彼を喫煙者だと思っているかと言うと、共演者の方が上げた写真で推しの手元に煙草とライターが写っていたから。

推しが喫煙者っていう事実は、私にとってはとても悲しいこと。それには2つの理由がある。

1つ目。
私個人としては、煙草を吸うこと自体は別になんとも思っていない。嗜好の部分だからマナーさえ守っていれば好きにすればって思う。
ただ、煙草を吸うことで肺活量が少なくなったり声が変わったりしたらすごーく嫌だ。
推しの職業は俳優で、喉を使う仕事をしていて、声で感情を表す推しの演技が好きだから、可能であれば煙草はやめてほしいって思っている。

2つ目。
一応は推しが煙草のことを隠す努力をしているのに、他の共演者がそういう写真を上げちゃうのは、推しが固く守ってきた設定が壊されたって思ってしまう(私は推しのモンペかな?)。


若手俳優で喫煙者っていうのを隠している人って結構いるよね。
結構いるよねって知られてる時点で隠しきれてないんだけどさ。
やっぱり隠すってことは少しは後ろめたい部分があるのかな。
若手俳優ってクリーンなイメージを押し付けられすぎていると思う。
煙草くらい隠さなくていいよって推しに言ってあげたい。
でも、体に気をつけてね、声が変わる場合もあるから、って文章も添えて。

みなさんの推しは喫煙者ですか?

推しとSNSのはなし

こんなひとり言みたいなブログを購読していただいて、スターもつけてくれて、いつもありがとうございます。
とりあえず若手俳優に関係するブログをやってる方から購読の通知が来たら私からも読者登録しに行っているんですけど、もし来ていないようでしたら教えてください。
みなさんのブログを読むことがとても楽しいです。



さて本題。
SNSを上手く使うことって、若手俳優にとっては地味だけど重要な営業方法だと思う。
宣伝や告知や演じたキャラのなりきりや共演者とのやりとりや写メなどの大切な情報を発信しますよっていうのを、いかにアピールできるか。
それに加えて、素の部分みたいなところを垣間見せてくれると親近感が湧いてちょっと楽しい(し、ちょっと怖くもある)。

私の推しは、多分若手俳優としてのSNSのやり方があまり上手くない*1
「おはようbot」か「ブログを更新しましたbot」になってるときが多々ある。
他の若手俳優たちとSNS上で絡んだり、プライベートを見せたりすることがほとんどない。

もしかしたらSNSが苦手なのかな?と思うときがある。
でも裏垢とかで「オタクキモい」って言ってるのかな?と思うときもある。

夏に観た某舞台で「2.5次元においてフォロワー数は戦闘力」ということを役者さんがおっしゃっていた。
上手いこと言うなあと思った。この業界においてどれだけの人に知られているかっていうのは武器になるということ。

推しはお芝居がやりたくて俳優になった人です。
多分SNSでの営業とかトークイベントとか、オタクと接したりとか、芝居がやりたくて入った業界でそういうことをするとは思わなかった人だと思っています。
“俳優”になりたかったのに、気付いたら“若手俳優”っていう職業にいる私の推し。
このままの推しで、推しに人気が出る日がちゃんときますように。

*1:だけどそこも好き

愛とお金と時間のはなし

 推しへのリプライにこんなものがありました。

(推し)くんのことは(推しが以前に出演した某有名2.5舞台)からずっと応援してきました♡今回初めて生で観劇できて嬉しかったです! 

 140字以内でこんな矛盾した文章をよく書けるなとむしろ感心さえしてしまいました。

「ずっと応援してきた」のに「今回初めて観劇した」???

このリプライを送った人が推しを応援し始めたきっかけとなる作品で私も推しを認識して、それから「ずっと応援してきた」んですけど。

その作品、約2年前の作品になるんですけど。

え、私、この人と厨歴同じになるの?

2年の間に推しがどんな作品に出て、どんな役を演じて、どんな思いを抱えていたか、あなたは少しでも知ってる?

大人しく「私は原作が人気の有名2.5次元舞台しか行かないです!」「俳優さんのこともキャラクターとして見ています!」って言えばいいのに。

 

 

そんなこんなで(どんなだ)今回は「愛」と「お金」と「時間」の話をします。

 

若手俳優のオタクってお金かかりますよね。

私の場合、

チケット1枚6千円〜1万円。土日マチソワの4公演としても2万5千円〜4万円。

DVDは1万円くらい。

物販は計1万円とか。

スタンド花は東京だと安くても1万5千円(もっと安いところがあったら教えてください)。

プレゼントも1万円としましょう。

で1作品につき最低7万円はかかる。

遠征したり、ランダム系に惑わされて物販に使ったり、お花をちょっと豪華にしたりプレの予算を上げるとまあ10万くらいは平気でぽーんと飛ぶ。

このうちのいくらが推しに貢献されているかは知らないけど、推しが好きだから、推しに俳優としてもっと活躍してほしいから、これからも舞台に立つ推しを見ていたいから、私はお金を払って推しを見に行っています。

 

  

推しへの信仰心を表すのに、私はお金を使うことしか知らない。 チケットを買って、お花を注文して、プレゼントを買って、物販で推しのグッズを買って…。 全部推しが好きだから。それだけ。推しにずっと神様でいてもらうために私はお金を払う。

推しに対する感情のはなし - きみの夢をぼくにも見せて

 

前にも書いた。

これが私の「愛」=「お金」のはなし。

別に同厨でも他厨でも最低これくらいはしろ!って強要はしないし、私もされたことがない。

でも自ら“応援”って言うからには行動で示してほしいし、その行動にはそれなりのお金が伴うよねって思ったわけです。

愛なんて目に見えないものを計るのに、かけたお金って結構わかりやすい指標になると思う。

“無償の愛”なんてお金をかけてから言えることじゃない?

でも、こういう話をすると「じゃあ推しのことを何も知らない石油王*1が推しに1億円使ったとして、それは愛?」って突拍子もない意見が出てくる。お金だけが愛じゃないよ、って答えを導かせるために。

 

例えばだけど、私も知らない人から1万円差し出されたら怖いなって思う(でも多分もらう)けど、お祖父ちゃんお祖母ちゃんが1万円くれたらすごく感謝しながらもらう。

誰でも長く接してきた人からの気持ちのこもった贈り物は嬉しいんじゃないかな。

お金を使うことに不信感を抱かせないのが、かけてきた「時間」だと思う。

1公演2時間を観劇して、マチソワ観るなら1日を費やして。

お花もプレゼントも時間をかけて選んで、手紙を書いて。

一方的ではあるけれど、そういうのを何ヶ月も何年も積み重ねるのが「愛」だとも思う。

これが私の「愛」と「時間」のはなし。

 
若手俳優を応援するのってお金も時間もかかる。
どちらも無限じゃなくて、自分の生活のある程度を削っている部分があるから、俳優の方もちゃんとしたファンには感謝してほしいって思います。
 

 

俳優の画像をゆるふわにコラージュしている人は、スーパーから食材を万引きしてきて「愛をこめて作りました♡」って言っているようなものなので、愛と時間を使っていたとしてもそもそもが盗品を使っているので問題外ですよ。

 

*1:私は可能なら石油王と同厨になりたいです