きみの夢をぼくにも見せて

とある若手俳優オタクの雑録

2016年振り返り

今年最後のブログで推しが私信をくれて沸いてます。
プレゼントの着用写真も嬉しいけど、推しのブログの文章が好きなのでその中に私信があるのはとっても嬉しいです。
今年もありがとうございました!来年もよろしくね!



みなさんがやっている今年の振り返りを簡単にですがしようかな〜と思ったけど推しへのお手紙に書いたのでここではやりません!
みなさん良いお年を!



rhry678.hatenadiary.jp


バトンが楽しそうだったので身バレ推しバレしない程度にやってみようかと思います。


01.2016年行った公演を出来る限り列挙してください。
推し出演舞台→7作品40公演
その他舞台→6作品7公演
推しイベント→7公演
その他イベント→1公演

02.思い出に残っている公演は?
推し2作品目かな。楽しかったり泣けたりは他の作品も当てはまるけど、ああいうお芝居はもう観れないだろうなって思います。

03.楽しかった公演は?
推し3作品目、推し6作品目と推し以外5作品目。
3作品目はそれほど期待してなかったのに推しの演技が好きすぎて出てくる場面でずっと心掴まれっぱなしでした。
叫んでても聞き取りやすい推しの声が大好きです!
他厨の人からも演技を褒められてて本当に推しが推しで良かったって思いました。
6作品目も観劇前は期待値低かったです。でも観たらこっちは推しの表情の演技の方に惹かれました。
推し以外5作品目は席に着いたところからわくわくしてキャストもすごく良くてDVD買おうか悩んでいるところです。

04.泣けた公演は?
推し4作品目と推し以外4作品目。
前者は開演時からほぼずっと泣いていました。
原作ありのものだったんですが、推しの人物解釈が推しの人間味から溢れる出るものでそれがすごく良かったです。
上記の質問から推しのお芝居が好きしか書けてないな…。
後者はそういう題材やられたら私は泣くという舞台でした。

05.もし楽しくなかった公演があったら教えて?
推し1作品目と推し以外6作品目。
前者の演出家の人と私は絶対に仲良くなれないだろうなって思いました。
初日を観た時点で既に何枚も持っていたチケットを破り捨てようかと思ったんですが、推しの顔を観に行くつもりで通いました。頑張って私が楽しめそうなところに落とし込むのに時間がかかりました。
後者は演技があまり上手じゃないキャストさんが多くて眠くなりました。

06.一番印象に残った曲は?
ないかな?

07.印象に残ったトークは?
推しの画力が発揮されたところ。

08.行きたかったけど行けなかった公演はある?
推し6作品目はもう少し増やしたかったなって思いました。しょうがない!

09.行きたくなかったけど行った公演はある?
推し1作品目は上記の通りちょっと無理して通う期間がありました。

10.今年一番行った会場はどこ?
渋谷の近く。

11.遠征はした?
推し4作品目と推し7作品目でしました!

12.公演の前後にあったアクシデントなどがあったらどうぞ
特になし?

13.妄想マンセー!今年は彼らと何回目が合った?
推しはお芝居中は客席を見ているようで見ていないと思っているので…。
カテコとかはけるときとか、イベントのときは合ったかな?と思っています。

14.チケット代交通費etc・・・どのくらい使った?
3桁はいかないくらいだと思います。

15.今年最後の公演は?
推しのイベントでした!

16.来年は今年よりたくさん公演に行きたい?
推しの出演数によると思います。
いろんな推しを見たいので、稽古は大変でしょうけど公演数少なめ期間短めなのをたくさん観たいです。

17.来年最初の公演はもう決まってる?
決まってます!
2016年は推し2作品目の発表がなかなか来なくて不安でしたが今年はすでに何本か決まっていて心穏やかです。

推しと2.5次元舞台のはなし

今年の推しの出演舞台のうち2本が2.5次元舞台でした。
若手俳優にしたら少ない方なのでしょうか。
私は推ししか追いかけていないので他の若手俳優の年間スケジュールを把握していませんが、この2.5次元ブームのわりには少ないのかなと思います。

いろんなアニメや漫画やゲームなどの舞台化が決定すると、私は推しの名前がないことを確認して安堵します。
今年の推しの出演した2.5次元舞台も、キャスト一覧に推しの名前を見つけて絶望しました。ツイッターで告知をする推しを見て、絶望してしまった自分に嫌気が差しました。
一ファンがあちらの仕事に口出しできるはずないし、舞台に立つ推しが好きなのに「推しには出てほしくない」と思っている作品があるのです。

でも、私が推しを好きになったきっかけは2.5次元舞台です。
また、名前を売るには小劇場や劇団主催の舞台よりも2.5次元舞台の方が良いのはわかっています。
わかっているんですが、なるべく出てほしくないのです。

2.5次元舞台は大きな制作会社が関わっていることが多いし、ブロマイドの出来や衣装や舞台セットなどが凝っていて高確率で映像化されるので*1*2、観るだけなら楽しいなって思いました。
じゃあ何が嫌なのかって考えたところ、

  1. 脚本家や演出との原作解釈の違いと、舞台作品としての昇華の仕方
  2. 登場人物が多くなりがちなので一人ひとりの見せ場が減る
  3. キャラクター=俳優というイメージを持たれる
  4. 推しが非人気キャラを演じたときのいたたまれなさ
  5. 推しの演じたキャラクターを好きな人が一瞬だけ推しのファンになって「これからも応援してます!」って言うのに次回作は観に来ないこと
  6. 痛バ
  7. チケット戦争

ざっとこれぐらいは上げられるかなと。

  1. 私は原作を予習していきます。私がその原作から感じ取った第一印象と、舞台を観たあとの印象がどう違うかというのを楽しむためです。舞台オリジナルエピソードに対しても厳しい目で見るし、かと言って原作をそのままやられても「だったら原作読んでればいいよね?」って思います。
  2. 今年観た2本目の方がこれでした。短いエピソードの中で一人ひとりの魅力を描くのと、誰に注目させていいのかわからなくさせるって紙一重なのでしょうか。
  3. 推しの職業は俳優だから宛書きの部分ももしかしたらあるかもしれないけど全くの別人だよ。
  4. 上記同様推しが人気ないみたいに扱われるのが本当に無理です。トレード系だとありがたくもあるけど推しのレートを下げたくないので予想外にグッズが集まる集まる。
  5. 詳しくは下記記事で。q0n.hatenablog.com
  6. そういう趣味の人がいるんだなってのはわかるんですけど、私はいい大人がキャラクターグッズ持ち歩くの恥ずかしいって思っちゃいます。あと出演者の以前の2.5出演作のキャラグッズは本当に理解できません。
  7. 病む。

理由は以上です。オリジナルの作品よりも2.5次元舞台は不安度が強いですし、現場が少しアウェイな雰囲気があって居心地が悪いです。

キャラクター=俳優というイメージを持たれることについてなんでそうなるのか考えてみたんですけど、俳優の名前と素の顔を覚えられないからなのかなと思いました。
原作のキャラクターと舞台のビジュアルをまず比較して、役名と俳優の名前を一致させて、化粧や加工のない素の俳優の顔をさらに覚えなきゃ、どうしてもあのキャラクターを演じた人ってイメージで終わっちゃうんですよね。
キャラクターの向こうに実在する俳優がいることはわかるけど、そこまでは興味がないんだろうなって思いました。

推しには当たり役をやって名前を売ってほしいので、やれるうちは2.5次元舞台も出てほしいです。
キャラ人気は1年ほどって聞きました。
キャラ人気なんてなくなっても推しの魅力に惹かれるファンが絶えませんように。

*1:例外ももちろんある

*2:ブロマイドは加工しまくりで原型がない場合もある

当日券のはなし

久しぶりに当日券列に並んでいます。

それまでの推しの出演作は行ける日のチケットは全部先行で手に入れることができていたので、推しが推しになってから一般発売も当たらない、譲渡も見つからない、ただひたすらに当日券列に並ぶ、という体験は初めて。
以前に当日券に並んだときは特別推したい人がいたわけではなくて、その作品自体がとても好きでした。そのときはなんとしてでも生で観たい!という気持ちが強かったけど、今は当たらなくても推しの演技を観てファンになってくれる人が増えるといいなあという気持ちも抱いています。

まぁそれでも推しがそこでお芝居をやっているのに観ることができないのは苦しいです。
時間もお金もあるのにチケットだけがない。
「お待ちしてます」とか「ご来場ありがとうございました」という推しの呟きをみると、「あぁ、私はこの世に存在する意味がない人間なんだな」と思います。鬱です。
(でも転売屋から買うくらいならそのお金で推しのブロマイドやカレンダーを買います)

当日券に並ぶ人、開場を待つ人、物販だけを買いにきた人、会場に集まる人の中で、何割が原作のファンで何割が俳優のファンなのでしょうか。
そして、何人が推しの演じているキャラクターのファンで、何人が推しのファンなんでしょう。
観劇後、推しのことが印象に残っている人はどれくらいいるのでしょう。
そんなことを考えています。

トレーディンググッズの枠交換を約束している方の本アカウントを覗いてみたら、推しのことを指して「これ誰?○○(売れてない芸人の名前)?」って言ってて「○すそう言ったことを後悔させてやるからな」って思いました。

私はなるべくして推しのファンになったわけではなくうっかり推しのファンになったとよく言っていますが、そういう風に全然気にも留めてなかったけど推しのことを好きになったって人はいるのかな。いるといいな。
推しになる、とまではいかなくても「いいお芝居する人だったな」って思ってもらえると嬉しいです。

推しのチェキが当たったはなし

タイトルの通りです。
推しのチェキが当たって届きました。やったー!
でも当たる予感はしていたので、今回はそのことについて書いていこうと思います。



推しの来年のカレンダーが発売されて、とりあえずいくつか注文しました。
特典は付いていたけどカレイべとはまた別で販売していたので、数はそんなに多くないものだと思ってください。カレイベについてはまた後日書くかもです。


他の人たちはどれくらい注文してるのかな〜と思ってオチってると見た範囲ですが私より買ってる人って1人しかいなかったんですよね。


カレンダーって実生活で使う分には自宅用と会社用の2つがあれば充分だとは思います。
でも私は推しのカレンダーは使うためにあるとは思ってないんですね。
物販で売られるブロマイドなんかよりもわかりやすく推し個人の人気のバロメーターになるし、推しの給料にも直結している気がして、そんなのオタクはできるだけ買う以外の選択肢はないじゃないですか。俳優にとってのその年の査定みたいなものだと思ってます。
売上に比例して事務所は推しを推してくれると思ってるし、それがカレンダーを買うだけでできるなんて簡単すぎるくらい。


まぁ応援スタンスが違うので他の方がいくつ買ってようが何も言いません。ここで愚痴ったような形になっちゃったけど。


でもカレンダーを誰がどれだけ買ったかっていうのは事務所側は把握しているはずだと思っていました。
なのでその後に行われたチェキのプレゼントも、厳正な抽選と言っておきながら売上に貢献した人に送られるに違いないって勝手に推測したんですね。
本当に私より買っている人がいなければ私はチェキをもらえるはずだ、と。


で、今手元に推しのチェキがあるわけです。


申し込み期間が終わって、抽選作業と発送作業に1週間くらいかな〜と目論んでいたので、先週あたりは「何も届かない…当たらなかったんだ…私はオキラなんだ…」って落ちたり「でも誰も当たったって言ってる人見ないし…」ってなんとか気を持たせたり情緒不安定でした。
仕事から帰ってきてポストに推しの事務所から不在通知を見たときに最初に思ったのは「私なにか注文してたかな!?」で次は「私なにかしたのかな!?」でしたけど(なにもしてません)。
少し落ち着いて考えて、推しのチェキが当たったのと自分の予感が当たったのが重なって嬉しかったです。
売上に貢献した人にプレゼント、というのは私の勝手な推測ですが、これがもし本当だったら推しのオタクの中で私はガッツの方に入るのだなって思いました。




チェキと言えば、今年あったイベントの物販で1500円分につき1枚くじが引けて、サイン入り個人チェキやツーショチェキの権利、舞台のチケットなどが当たるっていうものをやっていまして。
個人チェキが5等とかだったんですけど、推しが対象になってるのがこれしかなくて、確率的に1等と変わんないじゃん!って思いながらくじを引いていました。
物販にいたおじさんも気の毒に思ってくれたのか応援してくれてて。数回やって3等を引いて「おめでとう」って言ってくれたんだけど、「5等じゃなきゃダメなんです…。これ5等に交換してくれませんか?」って泣きながら懇願したら変えてくれて、無事に推しのチェキをゲットしました。
こう書くと厄介な客だけど、物販の品揃えがあまり良くない&上位賞は出尽くしていてもう盛況じゃない時間帯だったのでお客さんは私しかいないし、それなりに買ったから許してって思っています。下位賞を上位賞に交換はあれだけど、上位賞を下位賞に交換だし了承してくれたし。厄介な客かな?



そのイベントと今回のを合わせて、今年の私は推しのサイン入りチェキを2枚手に入れたのでした。
イベントのときは「○○円で推しのチェキを買った」って思ってますし、今回のも「○○円で推しのカレンダーと特典とチェキを買ったらカレンダーがさらについてきた」という感じです。


まぁいろいろ書いたんですけど当たると勝手に思い込んでいて本当に当たっただけなので、推測だといいなぁと思う気持ちもあります。ガッツやるには荷が重すぎです…。ゆるゆるにわかファンだよ。
それでも推しへのモチベーションもすごく上がったので、来年も楽しく応援したいです。
カレンダーももう少し買い足したいな。



ちなみに皆さんはチェキってどうやって保管していますか?
私は 袋から出した状態で日の当たらないところで1週間完全に乾かす→写真屋に持っていってL版に焼き増ししてもらう→チェキはチェキケースに、焼き増ししたものブロマイドケースに入れて保管 という感じです。
チェキってこの世にひとつしかないから予備を作っておかないと不安になるんですよね。
なにか他に良い方法があれば教えてください!

若手俳優のツイッターのbioのはなし

ひまなので若手俳優のツイッターのbio部分になにが書かれているか調べてみました。

・俳優/役者

・所属事務所や劇団

・過去出演作〜現在出演作と役名

・直近の出演作

・身長、体重、靴のサイズ

・年齢、誕生日、出身地、血液型、利き手

・ポエム/座右の銘

・あいさつ

・ブログやインスタグラムのURL

・お仕事のご依頼はこちら

上記を組み合わせて若手俳優のbioを作ろう!


まれに
・何も書かない
という人がいてすごいなあって思います。

推しはテレビに出ないけれども

star-con.jp

2.5次元舞台で活躍する俳優陣らによるアイドル育成ゲームの原作ともなりうるオリジナルテレビドラマ

主人公(=視聴者)は、芸能事務所の新人マネージャー。ある日突然、一軒家に呼び出され、「ここにいる6人の新人男性タレントをアイドルグループとしてデビューさせろ!」と言われる。そして「デビューするまで6人は一軒家で共同生活。もちろんマネージャーも」とも。

キラキラしたアイドル候補生6人と、新人マネージャーとのドキドキの共同生活で、目指すは、デビュー・ライブ。軌道に乗りかけた6人とマネージャーだったが、ある日ネット配信で人気の2人も加入するように言われ…。果たして、彼ら8人は試練を乗り越え、デビューすることができるのか。


私の周りでは「テレビ出演おめでとう」や「楽しみ」って声が多かったです。
でも私はここに推しの名前があったら素直に喜べるかなあって思いました。
引っかかった点を上げていきますので「楽しみ」って方はここでブラウザバックをお願いします。ブラウザバックって久しぶりに使ったな。

























まず「2.5次元舞台で活躍する俳優陣」ってくくりにまずもやっとしました。「舞台を中心として活動する俳優陣」じゃダメだったんでしょうか。


次に「アイドル育成ゲームの原作ともなりうる」って文言。

マンガやアニメなどではキャラデザと性格が一致することが多いと思いますが、実際の人間はそうではありません。しかし若手俳優も本来の性格は異なるかもしれないのに、ビジュアルから期待するイメージを押し付けてしまう部分があるかと思います。

“俳優”と“若手俳優”のはなし - きみの夢をぼくにも見せて

ここでも書きましたが、つまりは俳優にビジュアルから期待するイメージの性格を押し付けるってことでしょ?
原作がない分、余計にキャラクター=俳優というイメージがつかないかちょっと心配です。
まぁ推しはいないんだから黙ってろって話ですよね!推しが出演される方はドラマ出の新規の人とのお付き合い頑張ってください!(他人事)


はい次!「主人公(=視聴者)」!
アイドル育成ゲームとも言っていますが、乙女ゲーム要素も加わるということなんですよね?
私はしばしば推しの恋愛ものを観たいって手紙に書いているんですけど、観たいのは他者との恋愛であって私との恋愛じゃないです。
具体的な女性がいて、その人に対してどうやって接するかを観たいのであって、乙女ゲームの主人公にされるような没個性の女の子との恋愛は別にいい。
りあこの人なら喜べるのでしょうかね?
でもゲームや乙女ゲーム原作の舞台とは違ってエンドが異なるわけじゃないし、結局はヒロキくんルートだからIくんのりあこの人しか楽しめなくない?こんなに限られてていいの?


はい最後!「キラキラしたアイドル候補生6人」!
推しが選ばれた人たちはドラマ後に歌出す覚悟しておきましょうね!!!!
CDも特典付きで何種類も出すよ!きっとライブもするよ!会場はどこでしょうね?通路席取れるといいですね!(他人事)
私だったら笑顔でキンブレ振れるかわかりません。もし推しが出たらステージの上で笑顔で歌ってくれて、自分の担当色のキンブレ振ってるオタクにファンサしてくれるかな〜。
個人的に一番嫌なのがこれです。推しにファンサさせるような環境を作るのも、他の人にファンサしてるのを見るのも無理です。心が狭いオタクだよ〜。


まあ色々言ったところで推しは出ないので適当に見てまたブログ書きます。
見る前からボロクソ言ったけど予想と違うものになるかもしれないしね!

祝い花のはなし

来年の推しの出演作への祝い花を考えています(気が早い)。

舞台イメージや推しの役イメージでお花を作ることが多いんですけど、今回どうしようか結構悩んでいます。
持ち込みしようかな〜とか、長持ちするのを送りたいな〜とか、わかる人にはわかるようなものをやりたいな〜とか。
推しはお花に興味ないと思うけど!

みなさん、祝い花って送ったことはありますか?
舞台ごと(会場ごと)でお花屋さんを変えているのか、御用達のお店があるのか気になります。

東京でおすすめのお花屋さんがあれば教えていただけると嬉しいです!