きみの夢をぼくにも見せて

とある若手俳優オタクの雑録

若手俳優応援スタンス

オタクをしていて生まれるいろんな感情を残しておけるところがほしかったのでブログを作りました。

◆基本情報
・20代、推しよりは年下
・都内で一人暮らし
・社会人、一応はカレンダー通りの休み、平日ソワレは19時開演でも観劇は難しい


◆推しについて
一昨年にとある舞台のDVDで見たけどその頃はなんとも思わず→去年春に生で初めて見て気になる存在に→春〜夏期間にも舞台は出演してたけど、2.5以外で見たいと思ったので次に推しを見たのは夏の終わり。

なので○○出の部分と推し歴にちょっとブランクがある。

推しの演技がめちゃくちゃ好きです。本人と性格が似ていないキャラクターだとしても、「あ、こういう人いるよね」ってスッと入ってくる演技をしてくれる。
トークはあんまり得意じゃないので、舞台後のカテコで喋ることがあるととてつもなくギャップがある。


◆好きになる基準
推し変したことないので基準も何もないけど、推しが他の人と違うなあと思っている点を。
・舞台の上に立つために生まれてきた人
・声が聞きとりやすい人
・言葉選びがしっくりくる人
顔ファンじゃないつもりだけど推しの顔も好きです。


◆舞台・イベントに行く基準
舞台はチケットが取れたら土日祝マチソワ。
遠征は好きな舞台であれば行きます。
まあ遠征と言っても大阪がほとんどなのでそこまで苦じゃないです。遠征は楽しいから好きです。

上述の通り舞台上で演技をしていない推しにはあんまり興味がないので、イベントにはそこまで熱心じゃありません。
と言いながら急な発表じゃない限りはイベントも行ってます。
7月に行ったイベントは推しの立ち位置0ズレで沸きました。


◆グッズを買う基準
パンフレットと推しのブロマイド(最低3セット)は買ってます。
ブロマイドは写りが良かったら10セットとか。
ランダム系は劇場行くまでは全然興味ないのに、気がつくとたくさん手元にあります。
推しの写っているものを手元に置いておきたいという理由と、推しのレートを下げたくないからです。


◆雑誌、映像を買う基準
雑誌も3冊は買うんだけど最近推しが載った雑誌が出てないので…。
映像は観劇したものは劇場で予約して購入しています。
生で見るのが一番なんですけど、カメラワークなど映像には映像の良さがあるし、推しの演技が残されているものを手元に置いておきたい。
好きな作品じゃないと映像は買わない人が意外といて驚きました。


◆プレゼント・手紙・祝い花について
プレゼントは1舞台につき1つは入れたいと思っています。
服をあげるのが一番多いです。Tシャツからアウターまで。アクセもあげました。
1回は着用写メを上げてくれて、気にいるとリピートしてくれるので、なんとかリピートしてもらえるものをあげたいな…と思っています。
あげたい服がないときはハンドクリーム、パック、汗ふきシートなどを。

手紙は1観劇日につき1通。
マチソワ間でも書きたいんですが、手紙を書くのに結構時間がかかるのでこのペースでいいかな〜という感じです。

祝い花も送れるときは送るようにしています。
大阪公演がある場合は大阪公演の方に送っています。(東京公演より時間があることが多い&値段が安い)


◆同担について
同担のお友だちも何人かいますが、実際に会ってお話して合わなかった同担の人もいたので、応援スタンスというか価値観が一緒じゃないと仲良くなれないのかな…と思います。
マチソワ間にお茶したり、情報交換したり。
「行けないけど応援しています!」しか言わない人は同担他担にかかわらず嫌いです。


推しの名前を明かしたくはないけど推しについてのお話をまだまだしたいので、次のブログでまた何か書きたいです!
推しの演技をいろんな人に見てほしいです。